えるひろば

PAGE
TOP

【第3弾】SNSチャリティー

読みものアイコン

【第3弾】SNSチャリティー

  • タイムアイコン2022.07.20.

こどもたちに豊かな心を育んでもらいたい

エルハウジングは暮らしを創造する企業として、子ども達が毎日笑顔で暮らせる社会を目指しています。
私たちが応援団となってできることはないか……想いを巡らせる中「#エルこども応援団」SNSキャンペーンが生まれました。皆さまからの温かい応援をお待ちしております。

第3弾の寄付先

第1弾・第2弾では、京都市の主に児童福祉施設(乳児院・児童養護施設・母子生活支援施設・児童心理治療施設)を寄付先としていました。今回の第3弾では、京都市の児童養護施設に入所中で今年度退所予定(18歳以上)の生徒に焦点をあてて寄付する予定となっています。

なぜ退所する生徒に支援が必要なのか

高校卒業と同時に、児童養護施設を退所する生徒たちですが、大きな後ろ盾もないままに外の世界に旅立たなくてはなりません。進学や新生活の準備をするにも、学費やアパート代などの初期費用だけでも大変な負担となります。入所中にアルバイトで貯めたお金だけでは心もとなく、金銭面において少しの失敗も許されない生活を送ることになります。退所してからは環境が大きく変化するのに加え、お金の心配や将来の不安などで精神が参ってしまったりする生徒も少なくありません。また、金銭面の困窮により、社会的に良くない方向に進んでしまったり、夜の世界に足を踏み入れざるを得なくなったりする生徒も存在します。もし失敗してしまっても、持参金が少しでも多ければ、それだけ立て直すための猶予が確保され、望まない道へのブレーキとなります。退所に伴って、そのような心配を少しでも減らしたい、という想いから、今回の寄付先として施設退所予定者を設定しています。

参加方法

Twitterで、元ツイート(下にも置いてあるよ)を「いいね or RT or 引用RT or リプライ」しよう♪
1反応あたり50円が、エルハウジングから京都市の児童養護施設に入所する今年度退所予定の生徒宛てに寄付されます。
※寄付金はエルハウジングからの拠出とし、ユーザーさまからの負担はございません。

寄付募集期間

2022年7月20日(水)~8月21日(日)
※募集期間内でも、目標数(600反応)に達した場合、その時点で最終寄付額が決定いたします。

元ツイートはこちら

最新のイベント

latest events

読みものアイコン

読みもの一覧

reading

こどもたちに豊かな心を育んでもらいたい エルハウジングは暮らしを創造する企業として、子ども達が毎日笑顔で暮らせる社会を目指しています。 私た…

  • 日時アイコン2022.07.20.

Sumaelって? エルハウジングが発行している、オーナー様の暮らしをより豊かにする情報誌です。 2022年に内容を改訂し、おうちのお手入れやオーナー…

  • 日時アイコン2022.07.16.

Sumaelって? インテリアだけでなく、おすすめのお店情報や住まいのお手入れ方法など オーナー様の暮らしを豊かにする情報誌です。 年4回発行してい…

  • 日時アイコン2021.12.06.
PAGETOP